読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
i-mobileのはてなブログ用の広告タグ取得

昔からの面白い日本語の言葉のわざ・ことわざ  「目の色が変わる」 54回目

昔からの面白い日本語の言葉のわざ・ことわざ 「目の色が変わる」     54回目

 

「目の色が変わる」

 

夢中になること。急に熱心になることのたとえ。

 

この言葉は普通によく使われていて、現代でも日常生活の会話の中で、頻繁に語られています。

 

案外、いろんな場合につかわれていて、馴染みふかい、思い出なんかにも出てきて、以外なことに出会った時など、びっくりして自分の驚きの表情を隠そうとしたりする。
例えば、街中の雑踏の人ごみの中で、離婚したばかりの元妻が元夫の知り合いの男性と腕を組んで楽しそうに歩いているのに、遭遇した。元夫は素知らぬふりで通りすぎた。元夫の「目の色は変わっていた」こんな時は誰ても「目の色が変わる」複雑な心理になりますね。
世の中、あんまり「目の色が変わる」ほど夢中になりすぎるとブレーキが効かなくなることが多いようです。
「冷静」さを失う場合が多いようです。
女に夢中になる。パチンコに夢中になる。競馬競輪の勝負事に夢中になる。
普通の道からチョット外れて、目の色がほんの少し変化している、本人気がつかない。

 

<strong>本</strong> 浅田次郎の「見知らぬ妻へ」のお話チョットだけ
大晦日の夜は荒仕事が効く。歌舞伎町に不案内な客をボッタクリバーに放り込む。稼ぎやすい。仕事が終わって「高雄」でいっぱい。女手配師土橋来て「花ちゃん頼むよ。結婚してくれ」50万円の紙袋をおしつける。彼、忙しそうに出てゆく。花田、いい気分で宿に帰る。ドアの前に女、うずくまつている。「なんだなんだ・・?? 気が早いなぁー」彼、苦笑いしながら「中へはいれよ 俺のヨメさんかぁー」よく見るとなかなかの美人。ヤクザは手放さないだろうな、と思った。新婚生活第一夜ってわけか、と彼つぶやく。50万円かぁーっ。嫌なんだけれど、浮世の義理か。私のオクサン、美人ですょ。チンピラ連中よ、大事に使ってくれよ。花田のオクサンだぁー。
「ハナダ・リンミン ハナサン よろしく」ふたりで楽しく筆談しながら日本酒飲む。花田、何故か欲望沸かず、ひとりで寝る。リンミン悲しそうな表情。娘に送る予定の包をほどいて、渡す。ペンダント付のネックレス。よろこんで、抱きつき接吻。

 

食べ物からのビタミン・蛋白質の成分の解説    57回目
(注・・この資料は昭和59年発行の主婦と生活社・・「健康おかず」抜粋は連絡済)
かぼちゃ・・糖質もふくまれるが、カロチンを多量にふくむ。
 西洋かぼちゃ・総体的に日本かぼちゃより栄養価が上。糖質、カロリーも上。カロチンはA効力に富  む。ビタミンCも日本かぼちゃより上。
 日本かぼちゃ
御洒落女性のファッション通販  夏の特別キャンペーン中です。
<img border="0" width="1" height="1" src="http://www18.moba8.net/0.jpg?a8mat=2NOFQH+1KK78Y+1978+65EOH&guid=on" alt="">








i-mobileのはてなブログ用の広告タグ取得