読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
i-mobileのはてなブログ用の広告タグ取得

昔からの面白い日本語の言葉のわざ・ことわざ 「名馬に癖あり」   47回目

 

昔からの面白い日本語の言葉のわざ・ことわざ 「名馬に癖あり」   47回目

「名馬に癖あり」

日本の武家社会が始まった1000年位前から、馬は非常に重要視されていました。
農耕用と戦闘用とに区別されて人間同様の扱いで大切にされていました。
武士が使う馬は血統が重視され、駿馬の種に血眼になつていたのは当然でした。
名馬と呼ばれる馬にも「なんらかの癖・特徴」があったのでしょうか。
私とも庶民には名馬との接点がありませんので、わかりませんが、こんな言葉が昔から伝わって来たということはなかなかの名言だと思います。
さて、人間も同様。天才。名人。名将。名監督。名オーナー。名社長。莫大な大金持。超有名物理学者。星だけ見ている天文学者。宇宙専門家。有名数学者。脳専門学者。

ノーベル賞受賞学者などなど。この人達の脳は解析困難な複雑化しているので、私たちには理解不能です。
いますねぇー。サラブレット一斉に並びました。
なんとなくひと癖、ふた癖、ひょっとすると「宇宙人」ではないか、など思ったりします。

さて、私。平凡よりかなり下のランク。
癖がなく、金がなく、愚鈍凡才、素直、血統は普通の半分のその半分位。
私は名馬のような人の傍に居たいのですが、私の傍には、あの超有名な「貧乏神様」熱烈接近で私のことを大の仲良し、といいます。まったく、えらい迷惑です。
「嫌がらないでね。私の念力で、そのうち宝くじでも当ててやるから、ほんのチョッと細工して簡単。簡単。」
テヘヘッぇー インチキは駄目じぁん。 あの神様、ホラ吹きのへんな癖があります。

本のお話チョットだけ
少し前、浅田次郎の「憑神」(つきがみ)を読んで、Twitterなどに紹介していましたが、次に「ポッポヤ…鉄道・・」を読もうとして、その辺に置いたのですが、雲がくれ。
「見知らぬ妻へ」を読んでいます。彼の文章、実にうまいですねぇー。これぞ、職人。読者を引きずり込むのが上手い。8話ありまして、女の描写も枯れている感じがよく掛けています。3話よみおえました。完読後、あとで書きます。

食べ物からのビタミン・蛋白質の成分の解説    50回目
(注・・この資料は昭和59年発行の主婦と生活社・・「健康おかず」抜粋は連絡済)
レバー・・レバーは肉、魚同様のタンパク質を含むうえ、ビタミンAは肉の100倍以上、
     そのほか、ビタミンB1をはじめとして、いろんなビタミン類を含みスタミナ食品。
     鉄分を多くふくむので貧血の方にはおすすめ。

松坂牛専門店 やまと   お中元ギフト・・喜ばれます200%
<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NMS9D+GF7GHE+26LQ+6NETT" target="_blank">
<img border="0" width="300" height="250" alt="" src="http://www25.a8.net/svt/bgt?aid=160626577993&wid=001&eno=01&mid=s00000010187001117000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://www17.a8.net/0.gif?a8mat=2NMS9D+GF7GHE+26LQ+6NETT" alt="">

 

 

 

 

 

 

i-mobileのはてなブログ用の広告タグ取得